【ライフハック】人生において余裕を生む方法【ゆとりを持つ】
こんにちは、もっちー(@ymochi_camera)です!
前回は人生における3つの余裕と、それらが無いとどう人生に悪い影響を与えるかについてお話しました。
3つの余裕とは以下の通りです。

【3つの余裕】

僕が考える余裕には3つの種類があります。

それは
・時間的余裕
・金銭的余裕
・精神的余裕
の3つです。

これら3つの余裕は以下の図のように、それぞれ相乗的に働いています。
これらを相乗的に増加させていくことで、より自分が生きやすい生き方を目指せるようになります。
今日は3つの余裕をもつことのメリットと、3つの余裕の生み方を解説していきたいと思います!

3つ余裕をもつことのメリット

ではまず、3つの余裕を持つことのメリットについて、社会人の例を交えて説明したいと思います。

時間的余裕を持つメリット

忙しい社会人生活。日々の仕事に追われて、なかなか自由な時間が確保できない!という人も多いんじゃないでしょうか。
そんな社会人が時間的な余裕を持っていると、以下のようなメリットが生まれます。
・仕事のクオリティーが上がる
・勉強の時間が確保できる
・日々の疲れをリセットする時間が確保できる

金銭的余裕を持つメリット

お金って手元にあるとついつい使っちゃうことが多いですよね。
お出かけ中に気になるものを見つけると衝動買いしたくなることもあると思います。
たくさん働いているはずなのになぜかお金が貯まらない・・・」という悩みを抱えているそんなアナタ!
金銭的余裕を持つと以下のようなメリットがあります!
・投資でコツコツ資産を増やせる
・自己投資でスキルアップ
・いざという時のためのセーフティーネットになる

精神的余裕を持つメリット

仕事に追われ、お金のやりくりにも追われると精神的な余裕もなくなってしまいがちです。
締切期限ギリギリのタスクをやっている時に平常心を保てる人はなかなかいません。
他にも、毎朝ギュウギュウ詰めの満員電車に乗り、勤務先に着く頃にはもうヘトヘトに疲れていることは誰しも経験があるかと思います。
体力的・精神的な疲労が溜まってしまうと、アウトプットの質にも大きな差が生まれてしまいます。
そうしたことを避け、精神的な余裕を持てるようになると、以下のようなメリットが生まれます。
・精神状態の激しい上下がなくなる
・冷静な判断ができるようになる
では、具体的にどうやったらこれら3つの余裕を生むことができるのかを簡単に説明していきます。

3つの余裕を生む方法

時間的余裕を生む方法

時間的余裕を生むには、自分に合ったタスク管理の方法を学ぶことが重要です。
日々の仕事を漫然と与えられた順にこなしているだけだと、効率よく片付けることは難しいです。
パーキンソンの法則という法則を知っていますか?
この法則では、「仕事は、完了するために割り当てられた時間に応じて複雑なものへと膨れ上がっていく」とされています。
つまり、「今日一日かけていまあるタスクを全部終わらせる」のではなく、「タスクに優先順位をつけて、それぞれのタスクにどれだけ時間をつかうのかを決める」ことで、効率的に仕事がこなせるようになります。
他にも、ポモドーロテクニックや、ウルトラディアンリズムなど、タスク管理・時間管理のメソッドはいくつもあるので、自分に合ったものを見つけてみましょう。

金銭的余裕を生む方法

金銭的な余裕を持つには、大まかに分けて以下の2つの方法があります。
①支出を減らす
②収入を増やす
①に関しては、普段の生活で無駄な出費がないかをチェックしましょう。
簡単な方法としては、WantとNeedに分けて考える方法があります。
これは、モノを買う時に「これは今欲しいモノなのか、必要なモノなのか」と分類して考える方法です。
例えば、カフェに行ってコーヒーを飲むとします。
その行為が、「なんとなくコーヒーを飲みたい気分だったから」だと、Wantに分類されますが、これが、「仕事を片付けるためにコーヒーでやる気を出す!」だとNeedになります。
人によって何がWantで何がNeedになるのかは変わってきますが、これを意識するだけでもWantに掛けるお金を減らすことができるようになります。
②に関しては、自己投資と資産運用をしましょう。
自己投資をして新しいスキルを獲得できれば、仕事の幅も広がり、収入アップが期待できます。
例えば、英語を学べば海外との案件に携われて、そこで新たな学びを得たことをきっかけに昇給・昇進に近づくなんてこともあるでしょう。
仕事と関係のないスキルであっても、最近ではクラウドワークスなどのアウトソーシング系サービスが充実しているので、自分の獲得したスキルを職場外で活かしてお金にすることもできます。
資産運用に関して言うと、個人的にオススメしたいのが積立式のインデックス投資です。
これについてはまた別の記事を書こうとおもうので簡単な説明だけに留めておきます。
インデックス投資とは、世界の主要な経済指標と同じような動きをするように運用される投資のスタイルです。
日経平均・TOPIX・ダウ平均株価など、どれかしら聞いたことありますよね。
一般的にインデックス投資は、ローリスク・ローリターンを狙ったもの、かつ、相場に張り付いて取引をする必要がないので社会人にオススメです。
このインデックス投資を若いうちから積立式でやっておくと、将来的にある程度まとまったお金になります。
もちろん投資なのでマイナスになるリスクはありますが、そもそもリスクを取らない人はリターンも得られませんよね。

精神的余裕を生む方法

最初に図解したように、時間的余裕と金銭的余裕があれば精神的余裕は生まれますが、圧倒的に精神的余裕を奪っていく問題児が日本にはいます。
皆さん心当たりはないでしょうか。
そうです、通勤電車です。
多くの社会人が精神を消耗しているタイミングは通勤電車に乗っている時だと思います。
辛いですよねあの空間・・・
他の人と密着していてパーソナルスペースがゼロで、スマホもまともに開けないぐらいギュウギュウ詰めで、イライラしてしまうときもありますよね。
そんな電車に1時間も乗ろうものなら、会社に着く頃には既に疲れてしまうのも当たり前です。
せっかく一番知力・体力のある朝なのに、満員電車で精神的にも体力的にも疲弊してしまうのは非常にもったいないと思いませんか?
そう思った方、引っ越しましょう
会社のすぐ側であればベストですが、1時間の通勤が15分や20分になるだけでも精神的なストレスはだいぶ変わってきます。
僕は4月から社会人になりますが、実家から会社に通うとまさに電車で1時間ほど掛かってしまうので、現在引越し先を選定しているところです。
一人暮らしは確かに大きな出費になります。
しかし、通勤で受けるストレスは自分のメンタルの大敵ですし、家が近くなれば帰る時間もはやくなり、自由時間も確保できます。
その自由時間で新たしいスキルを獲得したり、仕事のための勉強をしたりすることで、その費用に対して十分にペイできます。
一人暮らしでも、例えばシェアハウスを選べば初期費用や家賃が相当抑えられるので、選び方次第で比較的安く恩恵を受けらますよ。
一人暮らしで通勤にかかるストレスを減らして精神的余裕を得ることで、時間的余裕も増え、その時間を勉強に充てることで金銭的余裕にも繋がるので、検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

このように、時間的余裕・金銭的余裕・精神的余裕の3つの余裕を相乗的に増加させていくことで、より自分が生きやすい生き方を目指せるようになります。
少し長くなりましたが、今回は2記事に渡って3つの余裕について説明しました。
皆さんも、3つの余裕を意識して生活してみてください。
ありがとうございました。
おすすめの記事